ブランドを正しく理解する

■ あなたはブランドに対して誤ったイメージを持っていませんか?

あなたは「ブランド」という言葉にどのようなイメージをお持ちですか?

ブランドの由来は、家畜識別の「焼印」だと言われています。
つまり、商品サービスの他社(者)との違い表わすものです。

消費者が考える「ブラント」は、主に高級、高価、信頼、安心等のブランド品或いは商標と言ったものです。一方、経営者が考える「ブランド」は、商品開発、商品知名度、広告宣伝、ロゴ、キャラクター等、様々なイメージで捉えられています。

どのイメージも間違いではありませんが、全てを言い表している言葉ではありません。

企業、事業主がブランドを確立する目的は「自社(者)の商品サービスを顧客に選択してもらう」ためです。ブランドは、他と識別する焼印だと言いましたが、肝心なのはその焼印を見た時に、どんなイメージを持たれるかです。

ブランディングはイメージ作りだと言っても過言ではありません。

顧客が必要とした時に良いイメージを持って思い浮かべてもらう事が重要です。
ただ単に、商品のパッケージを綺麗なデザインにするとか、カッコいいロゴマークを作るとか、高級なスーツを身にまとうとかという、目に見えるヴィジュアルだけの問題ではないのです。

ブランドの意味は「自社(者)の商品サービスを顧客に選択してもらう」事だという事を覚えておいて下さい。

■ 人がブランドになるという事

ブラントと呼ばれるものは、商品やサービスだけではありません。企業ブランドとか地域ブランドと呼ばれるものもあります。そして、人もまた同様です。

人がブランドになるとはどういう事か?

先に述べたように「顧客から選ばれる存在になる」事です。
人から選ばれる存在になるには、選ばれるだけの理由が必要になります。

そのためにはまず「専門家」として見られる必要があります。顧客の悩み、問題を解決できるその道のプロとしてです。
更には顧客から直ぐに思い浮かべてもらえる存在である事も必要です。

思い浮かべてもらえるようになれば、ブランドになったと言えるでしょう。

■ ブランディングに必要な少しのマーケティング知識

ブランドとして、顧客に思い浮かべてもらえるようになるのに、イメージ作りが必要なのですが、ただ単に広告宣伝等のプロモーション活動をすればいいと言うものではありません。

マーケティングを広告宣伝等のプロモーション活動といった「誤った認識」が多く見られるように、ブランディングをプロモーション活動により顧客にイメージを刷り込む事だといった「誤った認識」が見られます。

プロモーション活動だけでブランドが確立される事はありません。大企業が資金を潤沢に使い、大々的な広告宣伝を行うだけがブランディングではないのです

マーケティングは「売上を作る活動全て」と言えますが、その中にもリサーチ、販促・プロモーション、営業・販売、顧客サービス等があり、それぞれに戦略・戦術と言うものが必要です。

つまり、ブランドの構築はマーケティングの一環であると認識すべきです。小さな会社や個人事業主は、それぞれにマーケティングのやり方があります。

この事から、マーケティングの知識がないままブランディングに取り組んでも、ブランドが確立される事はないのです。
仮に、一時的に顧客に選ばれブランドになったと思っても、選ばれ続ける「継続性」がなければ、本当のブランドとは呼べません。例えは良くありませんが「一発屋芸人」ではダメという事です。

マーケティングに於ける「市場」「ターゲット」「ポジション」は、ブランディングに最低必要ですので、少し知識を得ておく事をおススメします。

ブランドは、顧客と企業、事業主との信頼であり、信用の積み重ねだという事は忘れないで欲しいと思います。